製造業の真の主役

日本の製造業は、レベルが高いというと、誰もが納得する話でしょう。
そこで、どんな製品がレベルが高いのかと問えば、自動車、電化製品、重工業、ビル建築などの製品が答えとして上がってくるかと思います。

それらの答えは、正解ですが、正確にはもっと重要な製造業があります。
それが、部品加工業です。
部品加工というと、どうしても主人公的なメーカーの影に隠れている脇役のように思われてしまいます。しかし、それはまったく認識が違います。
日本の部品加工という産業は、とてもレベルが高いことで有名です。

日本の部品加工技術が高いからこそ、日本メーカーの低い故障率が成立しています。
この部品加工の技術をさらに支えているのは、産業機械の部品です。
正確には、電線とロータリーコネクターの技術がすごいのです。電線とロータリーコネクターは、産業機械においては電気の流れを司っています。
電線とロータリーコネクターとは、この電気の流れを円滑にするために用いられる部品です。

つまり、産業機械がきちんと動作をするためには、電線とロータリーコネクターという部品は必要不可欠なのです。
日本の部品加工を支えているのは、また小さな部品の集合体である産業機械なのです。

オススメリンク